きゃりこの!

きゃりこの飼っている爬虫類や蟲たちの飼育日誌とオビツ凛子ちゃんのオタブログですよ。

また産んじゃたのね……

我が家のChilobrachys andersoni 、いわゆるビルマーゼマスタード(ブラウン)ですが、 2013年の3月にお迎えしましたがまたまた無精卵を産んでしまいました(´д`)なかなかオスは見つかりませんが繁殖チャレンジしたいですね!
こう見るとただの茶クモですが、調子がいいとかなりオレンジみが出ます。


スポンサーサイト
  1. 2018/04/26(木) 00:20:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

久しぶりに生き物ネタ

我が家で飼育しているAtypus karschi、いわゆるジグモですね。久しぶりに巣穴から出てたのでパチリ。



2015年8月に自然採取してからですからうちに来てから3年たちます。どのくらい寿命あるものなんでしょうね。
  1. 2018/04/19(木) 08:05:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

チャレンジしてみる

以前飼育してたオブロンゴナタ、雄2匹、雌1匹残して近くの爬虫類屋さんに引き取って貰ってました。雌が小さかったからなのか、ローチはある程度の個体がいないと繁殖難しいと言う通り、繁殖しませんでした。
昨日、大きい方の雄が死んでいるのを発見。思いついたんですが標本に挑戦してみようかと。
以前ニジイロクワガタが死んだ時にチャレンジしましたが、失敗しました、が、なんで、どんなことで失敗したか覚えてなく(^_^;
とりあえずベンジンが残ってたのと、ベンジンをティッシュに含ませて密閉する容器に入れていたのを思い出しやってみることにしました。
調べてみるとベンジンで防腐と防虫、後はしっかり乾燥させて軟化させて成形、という流れの模様。
ちょっとチャレンジしてみます。

亡くなったからと言って処分しちゃうんではもったいないですしね。



オブロンゴナタ Gromphadorhina oblongonata
  1. 2018/03/18(日) 17:55:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

元気に生きてます

2015年の8月に捕まえたジグモ。意外に長生きですね、まだ生きてます。初めて捕食シーンが見れました!とは言えスマホのカメラが不調なのでガラケーでの撮影でかなり画質悪いですが(^_^;


Atypus karschi ジグモ
ちゃんと捕まえた後の穴も補修するんですね。
  1. 2018/03/12(月) 21:54:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ピコころんと脱皮殻

なんともな絵面です(^_^;

久しぶりの脱皮ネタです。パープルツリースパイダーだっぴしてました!
雌なので繁殖させたい気もあるんですが雄入手できるかなって感じですしね……
  1. 2018/01/24(水) 21:15:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ